スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

寒くなって、ちょっと怖い。

9匹もいるというのに、マイペース揃いでバラバラな我が家のワンコですが、チビ2匹だけは生まれてからずっと一緒にいるせいかシンクロ率高し。

今日も見事にシンクロしております。
dog306_2013102722551779e.jpg

我が三重県はたぶん全国的に見ても暖かい地域だと思うんですが、そんな地域もさすがに今日あたりからぐっと冷え込んでまいりました。

わんこも皆クッションやお布団の上に寝るようになりました。くちゃくちゃにベッドメイキングして∑( ̄Д ̄ll)

dog307_201310272255196a9.jpg

ひどすぎるくちゃくちゃさとワンコのもさもさ加減は、この笑顔に免じて許してください。

dog308_20131027225519ff7.jpg

そういえば、「ぬくい」って暖かい(温かい)、って意味なんですけど 知り合いの前で使ったら「ババァか!「温かい」って言えよ!」と言われました。
言われてみれば確かに、おじーちゃんおばーちゃんがよく使っているかも・・・(;´∀`)方言かしら

何せ、小さい頃はおじーちゃんおばーちゃんに育てられたと言っても過言ではないほど 母方・父方ともに祖父母にお世話になって育ったので 使う言葉も思いっきりインスパイアされております。(σ゚∀゚)σ(ちょっとだけカッコ良く言ってみた)

そんなおじーちゃんおばーちゃんも一昨年・昨年と続けて亡くなり、もうおばーちゃん一人だけ。
要介護5になってほぼ寝たきり状態で、くまこの母とその姉妹3人でローテーションでお世話しております。
なので、週に2,3日は我が家にお泊りに来るんですが、何せほぼ寝てるので寝ぼけて頭が働いてない状態が多い。ボケてる訳じゃないんだけど、名前が出てこなかったり~今いる場所が分からなかったり~。
最近は孫の私のことも「見た顔だけど・・・」くらいに思ってんだろうなぁ。なんて感じていたのですが、

今日は何故だか冴えてらっっしゃる。!∑(*゚艸゚*)

最近は全然出てこなかった名前を言えたり、最近は体もつらいのか全くなかった周りへの気遣いを見せたり。
                               元々は、ものすごく気を遣う人だったのでね・・・
 
おまけにやたらと「家に帰る」とか言い続けるので、まさか最期が近いんじゃ・・・と母と戦々恐々としています。カタカタカタ(((;゚;Д;゚;)))カタカタカタ   
怖いので、今夜は家族全員でちょこちょこ様子を見に行くことにします。


それはそれとして、わんこも寒そう?だけど服を着せるべきか悩むところ・・・。
個体差も大きいから 悩むんだってば。

かたや、 ぬっくぬく毛布にくるんでも うっふーん♪と寝続けるわんこもいれば

dog309_201310272255217f8.jpg

反対側を見れば

dog310_201310272255217b7.jpg

あの・・・その下に敷いてるの、クールマットだって分かってます・・・? (; ・`д・´)…ゴクリ
                                        暑いの?暑いのか?
スポンサーサイト

避難準備は・・・

相変わらず昼と言わず夜と言わず賑やかな我が家です。

体が大きくて馬力もあるので、もうすっかりくぅ(たれ耳ちび男子Jr.)以外の男子とは遊んでもらえなくなったじゃり(垂れ耳でか男子Jr.)ですが、

dog304_201310230551019e0.jpg

女子は結構果敢に遊んでらっしゃる・・・・。

最近は夜中はこの3匹で遊ぶことが多い。体が倍くらい違うのにすごいよナーと思ってちゃちこ(舌チロ女子)を眺めております。
やっぱり女子の方が気が強いってことかしら・・・。(;´∀`)


ところで、この間ネットニュースを見ていたら、地震学者さんが「関東千葉沖に24日までに地震がくる恐れあり」と警戒情報を出しているとな!
まぁ、もう明日明後日で過ぎちゃいますけどね。

基本的にこういう情報は星占い程度の感覚で聞いてるんですが、こういう機会に防災面を一応見直してみたりします。
何年か前に、最低限と思って予備のリードとかプラスチックの器とかをわんこ用にと防災グッズの中に入れておいたけど、あれも見直さねば。
2匹増えてるしな。  .∵・(´ε゚((c=(c=(c=(゚ロ゚ c=早く入れろ!

つーか、それ以前にリードは余分に買うお金なんてなかったから、とりあえず100均で小型犬用を買ってきたんだよね。
若干2匹ほどそれでは入らない気がします。
                     いや、そもそも強度もね・・・(;´∀`)

dog305_20131023055102889.jpg

うむ、一番の問題はソコよソコ!

フードが一番困ると思うんだけど、長期保存って聞かないから入れっぱなしってわけにいかないしさぁ。
前は普段食べてない保存期間の長めのフードを買ってみたりもしてたけど、アレルギーとか色々不安だし、できればいつものフードがいいんだけど・・・ 保存期間3か月なんだよね (--;) どうしよっかなー


とりあえず、寒い時期は常に余分にストックがあるようにフードを買ってみよう。

ハナヲカマレル。

しばらくサボっている間にすっかり寒くなりましたね~。

サボっている間はそれでも色々ございました。
な~んかやる気も出なかったりで、わんこのお世話はかな~りサボリ気味だったのですが・・・
おかげで ほとんどのわんこがボッサリーノ。

dog303_20131021022535744.jpg

↑これはまだマシなほう・・・。(;'∀') それでもガッタガタですが。とりあえずでカットしたのでね・・・

サロンに連れて行こう!と思っているわんこは迂闊にカットすることもできず、小熊のよう(。-`ω´-)   
早く何とかせねば・・・・・。


そんな中、事件勃発!

最近雨が降ったり飼い主が忙しかったりでお散歩も行けない日が多かったせいか、わんこもイライラしたのか。
最近、ハッピー(父犬)じゃり(垂れ耳でか男子Jr.)のケンカがよく発生しております。

で、ある日、止めようとしたら・・・・

鼻、噛まれた。

どうしたらそんなとこ噛まれんねん!と突っ込まれましたが、

文字通りケンカに顔を突っ込んだのよ。(。-`ω´-)   

でも、あれだけ興奮してても噛んだ瞬間「やっべ!」と我に返って離すあたり、ハッピー(父犬)はさすがだと思う。じゃり(垂れ耳でか男子Jr.)ならそのままガブガブ噛んだ上に離さないよ・・・。

噛まれた直後は傷から血が出てそれがかさぶたになって、さながら鼻ピアスのように。
                  鼻の両脇に鼻ピって・・・・!∑( ̄◇ ̄;)
でも、意外と人って見てないもんですね。

知り合いにも誰にも指摘されなかった。

傷は治ったものの、跡はちょっと残りそう。
でもまぁ、幸い鼻ですのでね。 凹凸のある場所だからあんまり目立たない。
鼻ピアス状態でも誰も気にしなかったしな。
ファンデ付けたら消えるだろう。


そんな大騒ぎした片割れは

dog302_20131021022534367.jpg

寒くなって来たので上に置いてあったワタクシの服やらパジャマやらを勝手に引きずり降ろしてご使用なさっておられます。

ちょっと!そーゆーことするから、外出した時に犬くっさ!ってなるのよ~!(;`O´)o

イタリア旅行記 3日目

イタリアにちょっぴり慣れてきた3日目。

この日は朝イチ出発でまずは 有名なウフィッツィ美術館⇒隣接するヴェッキオ宮殿をチラ見⇒アルノ川にかかる有名な橋・ポンテヴェッキオ⇒川沿いでランチ⇒ピッティ宮殿⇒夕方から買い物 というスケジュール。
時間に限りがあるので、迷子や「次どこ行く~?」なんてタイムロスをしている暇はないのです!!(ノ*´Д`)ノ
「行ったら閉まってた」なんてことがないように、考え抜いたタイムスケジュール。
実際、日本のように「閉館間際に滑り込んだら多少融通してくれる」なんてことはイタリアはなく、閉まる30分前から「ほらほらもうすぐ閉まるよ!」と追い出しが始まるらしいしね。


で、朝8時に向かったウフィッツィ美術館。
目の前にはシニョリーア広場が。
dog276_20131002013949aae.jpg

この広場に面してGUCCIの博物館があります。
まー、私たちはブランドに興味がないので行きませんでしたが。

広場の一角には

dog275_201310020139485ef.jpg

中央の像はペルセウス。メデューサの首を掲げているところです。
メディチ家が「うちに逆らったらこーなるんだかんね!!」という意味を込めて作ったらしいです。

・・・なんてのを横目に見つつ、美術館へ。
ウフィッツィ美術館はおそらくフィレンツェで一番混む施設じゃないかな・・・

オンライン予約もできるんですが、繁忙期は予約してすら並んで待つこともしばしば。
予約なしで行けば1時間以上並ばなくてはならないとか。
この日も朝イチで行ったのに既に行列が。!∑( ̄◇ ̄;)

でも、ダイジョーブ!
私たちはフィレンツェカード(ドゥオーモ以外のほとんどの施設に入れるフリーパス。混む施設でも予約なしですぐに入れる特典付き。ただ、高い。)を買いましたのでね!(σ゚∀゚)σ
高かったけど、並ぶ時間をお金で買うつもりで。


ウフィッツィ美術館はセキュリティーのために、入り口はまるで空港の手荷物検査のような厳重さ。(;'∀')
X線検査も受け、ペットボトルの水ですら取り上げられる。

・・・と聞いていたのですが、私たちのペットボトル(満タン)は取られませんでした。
フィレンツェカードを持ってたから?
それとも、どう見ても観光に浮かれたちびっ子日本人だったから?(笑)

まーとにかく暑い日だったので取り上げられず幸いでした。

ウフィッツィ美術館には「ヴィーナスの誕生」をはじめ、小学生でも知っていそうな有名な美術品が盛りだくさん。
その上、美術館の建物自体が 柱には彫刻、天井には絵画と満載で宮殿みたいなのです。
それを見るだけでもとっても楽しい。

のんびり3時間くらい見た後はお隣のヴェッキオ宮殿へ。
昔は市庁舎として使われていた建物なんですが (写真左端)
dog274_2013100201394714a.jpg

ウフィッツィ美術館やこの後のピッティ宮殿(どちらも広い)に気を取られすぎていた私たちはヴェッキオ宮殿はまさかのノーマーク。.∵・(´ε゚((c=(c=(c=(゚ロ゚ c= しっかりタイムロスやないかー!

中に入ってみるものの、お互いに「ここって何があるんだっけ?」と言いつつ1階のホールを見て「これだけだった?」「でも、ここチケット要るハズだよね。見せてないよね。」と疑問に思いつつも「まぁ、いっか・・・」と出てしまった私たち(;'∀') 翌日再訪することになりました

でもさ、何もなければ私たちだって「おかしい・・・」と思って上層階にもあがってみようというものですよ。
なまじ、このような立派なホールがあるから!!(;`O´)o

dog280_20131002021447bea.jpg

「そっか、これが見られるのか」とうっかり納得してしまうというものです。

ちなみに細部がまたすごい。

dog281_20131002021448e80.jpg

ウフィッツィ美術館も内装こんな感じなの。全館。
メディチ家の情熱は半端ないです。

外に出ると、週末だったのでたまたま結婚式のパーティーをしてたらしき人たちが。

dog278_201310020139544ce.jpg

・・・いたので撮ってみたのですが、はい左端 ちゅうもーく!
たまたま映り込んだイエローのスカート履いてる人が 観光客に「金くれ」と言って回るジプシー?の方でございます。
有名なイタリアのスリ事情ですが、聴いたところによると「フィレンツェのスリはそれで生計を立てているプロなので、カバンを切り裂いたりなんて荒っぽいやり方はしない」らしいです。そういう荒事は、移民の多い南の方だとか。
とはいえ、油断は禁物なのでね!カバンは前に、財布は人前で見せないこと。


で、自分たちが観光ポイントを見逃していることに気づかないまま、次の観光ポイントのポンテ・ヴェッキオへ。

ポンテ・ヴェッキオは川にかかった橋なんですが、橋の両側にぎゅうぎゅうに貴金属のお店が立ち並んでいるので有名なのです。

dog279_201310020214466d2.jpg

これ、もう橋の上だから。

このお店の上にはヴァザーリの回廊っていう、これまたメディチ家の方が暗殺を恐れて作っちゃった専用の通路があるんですが、ここを見学するのは期間限定&超高いのであきらめました。


ここで丁度お昼の時間になったので川沿いのカフェでランチ。
ポンテ・ヴェッキオを見ながらランチできるという「IL RISTORO」へ。
はいっ、ここアンダーライン!m9(`・ω・´) 今回の旅で一番のおススメ!

入った時間がまだ早めだったのか、席の少ないカフェでしたが窓際の席をゲット♪
見事にポンテ・ヴェッキオが見られる席でした。

dog282_201310020214492dc.jpg

オーダーを済ませる頃には、見事に満席に。

dog283_20131002021450bb5.jpg

パスタ制覇!な目標があるので(笑)このときはラザニアをチョイス。

dog284_20131002023646a26.jpg

イタリアとしてはお値段の割に少量・・・。
けど、衝撃のおいしさ!!∑(*゚艸゚*)
パスタが、チーズのようにとろけるの。
今までに食べたラザニアとはもう、別次元でございました。

これならドルチェも期待できるよね!と再びメニューをもらう私たち。
残念ながらカプチーノマシーンが故障中ということでコーヒーは飲めなかったのですが、「メニューにないけど、イチゴのティラミスがあるよ。」と言われ イタリアならティラミスだよね!とオーダー。

dog285_20131002023647df0.jpg

想像と全く違う見た目ですが、これがまたホントにおいしい。
あっさりと甘くて、でもコクもあって、このカフェ日本にあったら流行りそう。
っつーか 東京辺りにあったら絶対また行く。
でも、最後までなぜこれがティラミスなのか。マスカルポーネチーズを使えばみなティラミスと呼ぶのか。それとも何層も重ねたドルチェはティラミスにカテゴライズされるのか。謎なままです。


そんなおいしいラザニアを食べ始めたころに、テーブルにものすごく近づいてくる人がいたので「なんだこの人・・・」と怪しんでいたら、話しかけてくれたのはこのお店のオーナーさんでした。

サービススマイル満点で忙しいときは自ら給仕する姿は素晴らしい!

お店を出たころには外で休憩を取っていた彼に 写真撮ってもいい?と聞いたら もちろんさ!と気持ちよく答えてくれました。

dog286_201310020236487f9.jpg

またおいで!と言ってくれたオーナーさん。
にこやかで明るくて、まさに私たちのイメージするイタリアーナ。

ピサの人も笑顔いっぱいで親切な人ばかりだったけど、フィレンツェもホント親切な人ばかりでした。


気持ちよくお腹も満たされて、次に向かったのはピッティ宮殿。

ピッティさんが作り、それをメディチ家が買い取った宮殿です。
広い宮殿内にブースのようにいくつかの美術館や博物館もあるのです。

美術館や博物館は写真NGだったけど、内装ならいくつか・・・

dog287_20131002031412fc3.jpg

そうそう、こうやって天井まで絵がびっしり。
しかも、天井はすごく高い。

dog288_20131002031414f38.jpg

鏡に映りこんだ私でなんとなく分かってもらえるかな~、この高さ・・・。

写真NGだった場所は、絵ハガキでちらり。

dog289_201310020314144bc.jpg

壁一面の絵画も凄いけど、天井もさらにスゴイよね!!

絵画はないけど、一番気に入った場所はこのブルーで統一された部屋。

dog290_20131002031416663.jpg

部屋を青で埋め尽くすっていう発想はないわー。


本当はピッティ宮殿にあるという人体模型のある博物館を見たかったんだけど・・・・残念ながら見当たらず。
ホテルに帰って確認したら、ピッティ宮殿じゃなくてピッティ宮殿の隣にある施設の中だったらしい・・・。OTZ
時間がなかったのでこの博物館は見られず、残念。


ピッティ宮殿を堪能し、併設されているボーボリ庭園は広大&急斜面に負けてスルー(笑)

この時点で夕方になったので、施設は続々閉まっていきます・・・。
なので、ここからはお買い物ターイム!

目的地に向かう途中、パフォーマーの方たちが道路にチョークで絵を描いているところに遭遇。

dog291_20131002031416241.jpg

あっ!中央奥にちゅうもーく!

dog292_20131002031434f60.jpg

またわんこ発見~(o゚∀゚o)♪

この道路に書かれた絵、普通に人が踏んでっちゃうのでどんどん消えていくのがもったいない・・

dog293_20131002031435ad9.jpg

この後も目的地までプラプラ。

次の目的地は「モナスティカ」というお店。
メインストリートから外れた路地にあるので、知らないと気づかない・・・
っつーか、知ってても素通りしかけたわ!目立たな過ぎて!Σヽ(´Д`;≡;´Д`)ノ

お店が通りに面してあると思っていたら、そうじゃなくて

dog294_20131002031436442.jpg

これが通り沿いのたたずまい。
このドアを通って敷地内に入り、左手のところにお店が。

これがお店。石鹸やハーブを売ってます。

dog295_20131002031437511.jpg

このお店の特徴は、教会が運営しているお店で修道女が作ったものを売っているというところ。
写真にも写りこんでるけど、販売してくれた女性もたぶん修道女。

修道女が作った・・・というとサンタ・マリア・ノヴェッラもそんな感じですが・・・。
話のタネに、とサンタ・マリア・ノヴェッラ薬局にも行ってみたんですが・・・。
思い描いていた素朴さはかけらもなかった!(;`O´)o
広い敷地。百貨店のロクシタンのような内装。シャネルの化粧販売員を彷彿とさせるスタッフ。
想像と180度違って(;゚Д゚)

その点こちらのモナスティカは まさにイメージ通り。

dog296_20131002031438fd9.jpg

右の棚には化粧品やせっけんが。
足が疲れていた私たちは迷わずフットクリームを買いました(笑)

dog297_201310020315534ca.jpg

有機栽培のジャムなどなども。
が、残念なことに機内持ち込みできませんのでね!(。-`ω´-)   

対応してくれた女性は、英語も話せるしとてもとても上品で感じの良い人でした。

ついでに教会もちらりと入ってきたのですが、観光するような教会じゃないので修道士の方たちが祈りを捧げている最中。
人があれだけいて物音が一切しないってスゴイですね。うまく言えないけど。
なんだかものすごくインパクトがある体験でした。


が、そんなおごそかな空気を振り払うかのように次に向かったのはジェラート!
モナスティカに行く途中でおいしそうなジェラート売ってるのを見つけたの~♪
路地からさらに1本入るので裏路地!って雰囲気の場所でしたが

それがこちら。って、外装工事してて分かりにくいけど、チョコレート専門店なのです。ゴディバみたいな。
イタリア人はチョコレートが好きらしく、チョコレート屋さんが結構あるらしい。

dog298_2013100203155534f.jpg

が、いざ中に入ってオーダーしようとしたら困ったことに。
ほら、チョコレート専門店なんだから チョコのジェラートが食べたいじゃない?
けど、専門店だけにチョコの種類が豊富すぎる&イタリア語のメニュー。
店員さんは英語が通じるので ある程度の絞り込みはできたんだけど、(ミルクチョコだとか、ナッツ入りだとか)私の求めるプレーンのビターチョコはどれ!?
メキシコ産とアフリカ産のカカオの違いなんか分からないから!!(;`O´)o

で、店員さんにちょっと笑われながら無事オーダーしてでてきたジェラート。

dog299_20131002031556a2a.jpg

いえーいっ これこれ~♪ こういうのが食べたかった~o(≧▽≦)o

ちなみにオーダー方法は、メニューの傍に書いてあったジェラートの手書きイラストの一部(ビターチョコっぽい)を指さして「こーいうのが食べたいの!」と言ってみました(笑)
何となくいけるもんですね。
「じゃあ、アフリカ産だわ」と言われ(そーなの?)無事に理想の味にありつけました。

友人はメキシコ産をチョイス。コーヒーのような酸味があって、また違った味でございました。

ここまで食事は大満足なチョイスが続き、機嫌よくまた昨日行ったスーパーへ。(ドリンクの買い足し&お土産のチョコを買いに・・)

夕食は名物料理のステーキが食べたい!と意見が一致し、スーパーのそばにあったリストランテに。

dog300_20131002031557561.jpg

名物料理にビステッカ・アッラ・フィオレンティーナという特産牛のTボーンステーキがあるのです。
が、ビステッカは塊肉で1kgどーん!と出てきたりするので、ピサにいるときに「タリアータって言えばカットするとかスライスするって意味だから、少量で出てくるよ」と教えてもらった私たちは タリアータと言う言葉を一生懸命 頭に叩き込んで行きました(。-`ω´-)   

が、席についてメニューを見たら「ミニマム500g」と書いてらっしゃる。
500gは多すぎるよね?( ´_ゝ`)

オーダーを取りに来たイケメンのお兄さんに聞いてみても、
「500gからだよ。タリアータじゃないよ」と言われる始末。
「うーん。500は多いよね~」「食べきれないよね~」と日本語でぶつぶつ呟いていたら、このお兄さん親切で「多いの?じゃあ、こっちのchop~にすればいいよ。」
と教えてくれた(o゚∀゚o)
タリアータなのか?と聞くと「タリアータじゃないけど、少量だから大丈夫だよ」というので お兄さんを信じてそれをオーダー。

で、出てきました。

dog301_20131002031558d2f.jpg

丁度いいサイズー!o(≧▽≦)o  今思うと、フィレだったのかも。

このお兄さん、私たちのオーダーを取った後はシフト上がりだったようで、隣の席でまかないを食べ始め(笑)
ステーキがきて食べ始めた私たちに「それで良かった?」って聞いてくれたり、
一緒に頼んだサラダにかけるものとして黒い謎の液体が添えられていて分からなかったので「これ、バルサミコ酢?」と聞いたら「違うよ。バルサミコが欲しいの?」と厨房からビンごとバルサミコを持ってきてくれたりと とっても親切! (そしてあの液体は何だったのか・・・)

ステーキももちろんおいしくて丁度良いサイズでした。


満足してホテルに戻り、例のドライヤーで髪を乾かし(笑)3日目は終了です。

イタリア旅行記 2日目

2日目の予定は 午前中にルッカ、午後はフィレンツェに移動して夕方に観光 ヾ(*’∀`*)ノ

昨日に引き続き地元のガイドさん(違)に丸投げで連れて行ってもらったのは、ピサから電車で1時間弱のルッカという街。

絵ハガキですがー分かりやすいのがコチラ。

dog250_20131001051356a10.jpg

こんな風に、町がぐるーっと城壁に囲まれております。
町全体が古城のような雰囲気が魅力の町。
今回は手前の中央辺りから入場です。

dog251_20131001051357162.jpg

なぜか不思議なオブジェが・・・。
同じ格好をして撮りたかったけど、人がいたのでやめておきました(*´з`)

入ってすぐに見えたのはドゥオーモ!

どーん!
dog252_20131001051358b7b.jpg

ちなみに隣のタワーはドゥオーモじゃなくって、

dog253_201310010513591f1.jpg

この町の銀行(の裏手部分)と思われます。

とにかくこの町はどこに行っても時間が止まっているかのような風景なので、どこで写真を撮っても

dog254_20131001051400ac0.jpg

画になるわぁ。

案内してもらってる途中で、広場のバザーに遭遇。

dog255_20131001051425a56.jpg

こんな風に、普通に犬がいる風景・・・いいなぁ。
このわんこ、結構大きいのに。

さらに歩くとまた教会が。
この辺は中に入らずさらっと通っちゃいました。

dog256_20131001051427a93.jpg

案内に慣れてる人がいるので、こんな路地もさら~っと通れちゃう(笑)

dog257_2013100105142863c.jpg

いやー最短距離をさくさく進めるって素晴らしい!
私も友人も方向音痴なので、この後2人きりになることを思うとドキドキです (;´-∀-`)ゞ

そして更に更に進んで行くと、最初の絵ハガキでも小さく中央奥に見える円形の広場に到着。

dog258_2013100105142980a.jpg

写真で部分的だと分かりにくいけど、広場を囲むようにぐるーりと家が立ち並んでおります。
時期はずれだったけど、8月くらいは窓にカラフルな花が飾られたりしてキレイらしい(´∀`)

ここで午前中終了。
あっという間にお昼になったのでテイクアウトでパンやピザを買って電車の中で食べました(o゚∀゚o)
いやーイタリア語が出来る人がいると、ホントに食べたいものを選べていいね!(笑)
この後は片言の英語で必死に自分でオーダーすることになります・・・ε=( ̄。 ̄;A フゥ…


名残惜しく思いつつ、ピサの駅で案内してくれた方と別れてフィレンツェへ。
イタリアの駅って、改札とかないのね。
入口近くに打刻器があって、それでチケットに印字するだけ。
だから誰でも入れるので、スリが大変に多いそうですよ (;´-∀-`)ゞ
そして「5分遅れます」と表示が出て20分後に発車しました(笑)イタリアらしいね~


そしてフィレンツェに到着!
駅名は有名なサンタ・マリア・ノヴェッラ駅でございます。(化粧品で有名だよね~)

この日は時間の都合でドゥオーモオンリーの観光です。

どーん!
dog259_20131001051430250.jpg

ピサのドゥオーモも凄かったけど、フィレンツェのドゥオーモはさすがです!
個人的にフィレンツェの見どころは、「メディチ家のスゴサを肌で感じる」です。
これだけの都市と美術品をほぼメディチ家の力で作り上げるなんて、想像もつかない財力と権力ですな(。-`ω´-)   

それからこちらのドゥオーモ、チケットを買うと上の方に登れるのです。
が、私たち2人だけになって早くも言葉の試練が!(;`O´)o
日本と違ってあちこちに道案内とか表示が出てないので、肝心のチケットを売ってる場所が分からない。
ので、ドゥオーモの入り口で整理してるスタッフに聞いてみたのです。
英語でスラスラと教えてくれたのですが、「7番地、○○っていうレストラン、2つ目を右。」
・・・・なんか怪しい(;'∀') その説明、足りてる?何か抜けてない?

なーんて思ってたら案の定、行けども行けども見つからず。
結局は見つけられて、「2つ目を右」は「2つ目の角を右」だと思っていたのですが、「2軒隣の右手」ってことだったようで・・・
英語がペラペラな友人は「それなら doorを付けてよ~!」と言ってましたが、片言英語の私には彼の気持ちが痛いほど分かるわ・・・(;'∀')

このように英語が母国語じゃない地域では話してる英語が100%正確とは限らないので思うように伝わらないことが。

そうして苦労してゲットしたチケットでドゥオーモに登りました!

dog260_201310010532133d1.jpg

こんな感じの狭い階段を400段以上登ります。
これが、キツイ!(;`O´)o 昨日のピサの斜塔の比じゃない!
狭いので休憩する場所もなく、後ろからどんどん人が来るので結構ハイペースで登っていたので 頂上に着いた時には息切れが・・・運動不足だわ~(;'∀')

でもその甲斐あって、下から遥かかなた頭上に見えていた天井画がこんなに近くに♪

dog261_201310010532131e4.jpg

そして外にも出られます。

dog273_20131001060949720.jpg

ん~っ 絶景だね!o(≧▽≦)o

この後はお隣の美術館にもちらり。
小規模ながら、ミケランジェロのピエタがあったりします。

dog262_201310010532144d4.jpg

ミケランジェロが晩年に自分のお墓に・・と作成し始めたものの、キリストの足で失敗して「もうやーめた!」と召使にあげちゃった作品です。

なので、別の角度から見ると

dog263_20131001053215771.jpg

荒削り。


この日はこれで観光終了。ドゥオーモ登頂でクタクタになった私たちはホテルに戻って夕食に出ることに。

が、ホテルに戻る前に行く場所が。

dog268_201310010609582ab.jpg

こちら、地元のスーパー。小さいけど。
まだまだ日中は30℃を超えるので飲み物が欠かせないのですが、飲み物がね・・・(;´∀`)
観光地だから高い上に、とにかく甘い!!
なぜかどこにでもあるのがピーチティーだったんだけど、これが激甘。

なので、友人と相談して「3日も滞在するんだったら、1.5L買っても飲めるよね。甘すぎるから、水で足して割ったらよさそうじゃない?」ということになり、ペットボトルを買いにスーパーに。

dog269_20131001061548900.jpg

念のためと放り込んでおいたフロントラインのおまけのエコバッグが、まさかここで役立とうとは・・・。
イタリアも日本みたいにレジ袋は有料だし、おまけにめっちゃくちゃ薄いのでエコバッグ必須みたいです。

ちなみにお味は

dog270_201310010615495b7.jpg

足して半分に割ったらボルヴィックのフレーバー水みたいな感じでとっても飲みやすくなりました(o゚∀゚o)

なんだかんだで、この後3日間連続でこのスーパーにはお世話になることになります・・・笑


で、ペットボトルが重たいので荷物を置きに一度ホテルへ。

dog264_20131001053216592.jpg

電光看板が出ているボンチアーニが3日間滞在するホテルです。
通りの突き当りに見えるのはサンタ・マリア・ノヴェッラ教会。
その右手に見えるのはサンタ・マリア・ノヴェッラ駅という 超駅近な立地でした。

着いた初日に1泊したのも同じこのホテルだったんですが

dog265_2013100106095582a.jpg

初日と3連泊のときでは部屋はもちろん違ったのですが、困ったことが1つ。

どーん。
dog266_20131001060956fb8.jpg

分かる?これ何か分かる?
ドライヤーよ、ドライヤー。
おかしい・・・初日に入った部屋はごく普通のドライヤーだったのに。(-公- ;

ちなみにこの壊れたホースが付いたドライヤーはスイッチもなく、

dog267_20131001060957bc1.jpg

ホースの角度で電源が入るという仕組み。
さすがイタリアというか、なんというか・・・
繁忙期なので部屋が余っているとも思えないし、変わった部屋がもっと困った部屋(鍵がかからないとか)だとまずいので、このドライヤーで3日間過ごしました(。-`ω´-)   

で、この後夕食に。

ガイドブックでチェックしていったリストランテだったので英語メニューもあって分かりやすかったのですが、優柔不断でなかなか決められない私たち・・・笑
しばらくして待ちくたびれたウエイターが「こいつら英語も読めないのか」とさらに日本語メニューも持ってきてくれました。
が、言葉の問題じゃないの~ 迷うんだよ~ !(ノ*´Д`)ノ

で、悩みに悩んで決めたのは

dog271_20131001061550397.jpg

鱈とトマトのタリアテッレ。フィットチーネみたいなきしめん状のパスタです。
この旅行でいろんなパスタを制覇するのじゃ!!щ(=`(∞)´щ)!!
これがまた、非常においしかったです。

が、サラダはいただけない・・・。外国人が日本の野菜を絶賛する理由が分かります。
苦い。
そしてドレッシングがない。ので味がごまかせない・・・。



海外では夜に出歩くのはNG!な感じですが、イタリアは晩御飯は8時からというだけあって、8時を過ぎても人通り多し。

dog272_20131001061554ec7.jpg

こんな感じで2日目終了。

明日は今回の旅のメインと言っても過言ではないウフィッツィ美術館に朝イチで行くため、早めの就寝になりました。
プロフィール

くまこ

Author:くまこ
三重県在住。大雑把なO型人間です。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも一覧

Love life with yorkies & Photo

おれんじのわんこLove♪Life
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。